Feature TOP Build

使い方

K2HASHの実行環境を整え、動作確認する方法を示します。

1. 利用環境構築

K2HASH をご利用の環境にインストールするには、2つの方法があります。
ひとつは、packagecloud.ioから K2HASH のパッケージをダウンロードし、インストールする方法です。
もうひとつは、ご自身で K2HASH をソースコードからビルドし、インストールする方法です。
これらの方法について、以下に説明します。

パッケージを使ったインストール

K2HASH は、誰でも利用できるようにpackagecloud.io - AntPickax stable repositoryパッケージを公開しています。
K2HASH のパッケージは、Debianパッケージ、RPMパッケージの形式で公開しています。
お使いのOSによりインストール方法が異なりますので、以下の手順を確認してインストールしてください。

Debian(Stretch) / Ubuntu(Bionic Beaver)

$ sudo apt-get update -y
$ sudo apt-get install curl -y
$ curl -s https://packagecloud.io/install/repositories/antpickax/stable/script.deb.sh | sudo bash
$ sudo apt-get install k2hash

開発者向けパッケージをインストールする場合は、以下のパッケージをインストールしてください。

$ sudo apt-get install k2hash-dev

Fedora28 / CentOS7.x(6.x)

$ sudo yum makecache
$ sudo yum install curl -y
$ curl -s https://packagecloud.io/install/repositories/antpickax/stable/script.rpm.sh | sudo bash
$ sudo yum install k2hash

開発者向けパッケージをインストールする場合は、以下のパッケージをインストールしてください。

$ sudo yum install k2hash-devel

上記以外のOS

上述したOS以外をお使いの場合は、パッケージが準備されていないため、直接インストールすることはできません。
この場合には、後述のソースコードからビルドし、インストールするようにしてください。

ソースコードからビルド・インストール

K2HASHソースコードからビルドし、インストールする方法は、ビルドを参照してください。

2. k2hlinetoolの実行

$ cd k2hash/tests
$ ./k2hlinetool -m

メモリタイプで起動します。

3. set/print

k2hlinetoolを実行すると、対話式のプロンプトが出ています。
このプロンプトにてコマンドを実行できます。
以下のようにSet(設定)とprint(表示)を行ってみます。

$ ./k2hlinetool -m
-------------------------------------------------------
 K2HASH TOOL
-------------------------------------------------------
On memory mode
Attached parameters:
    Full are mapping:                   true
    Key Index mask count:               8
    Collision Key Index mask count:     4
    Max element count:                  32
-------------------------------------------------------
K2HTOOL> set mykey myvalue
K2HTOOL> print mykey
  +"mykey" => "myvalue"

4. その他のテストと終了

k2hlinetoolの対話式のプロンプトにて、helpコマンドを実行することで利用できるコマンドが一覧表示されます。
テストを行いたいコマンドを実行してください。

終了させるには、”quit”コマンドを実行すると対話形式を終了し、k2hlinetoolが終了します。

Feature TOP Build